保湿 洗顔料

乾燥肌さん必見!保湿ケアに向いた洗顔料選び

保湿洗顔の選び方

乾燥肌向け洗顔料の選び方

W洗顔不要の洗顔料を選ぶ

乾燥肌は、W洗顔を避けるのが無難と言えます。洗いすぎを防ぐことができる、「W洗顔不要」タイプの洗顔料を選びましょう。

合成界面活性剤フリーを選ぶ

合成界面活性剤は、肌の角質層への影響が大きいことがあります。お肌が乾燥していたり、肌への負担が気になる人は、合成界面活性剤が使われていない商品を選ぶのが無難です。

泡立ちのいい洗顔料を選ぶ

もっちりとした泡を作ることはとても大切です。お肌への負担を減らすためには、泡立ちやすいクッション性の高い洗顔料が必要不可欠です。角が立ち垂れにくい泡立ちのいい洗顔剤は、肌が直接肌に触れにくくなるので、結果的に肌に優しく乾燥を招きにくいです。

まとめ

乾燥肌の人は、洗顔の仕方や洗顔剤の選び方がとても大切です。お肌への負担を最小限にした、汚れ落としを心がけましょう。洗顔を変えるだけで肌質改善が期待できますので、これらの事を頭に置いていけるといいですよね。


保湿洗顔料ランキング

1位:リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

リ・ダーマラボモイストゲルクレンジング
ダブル洗顔不要!こんにゃくスクラブが気持ちいいドクターズコスメ
ダブル洗顔不要のドクターズコスメ「リ・ダーマラボ(Re dermalab) モイストゲルクレンジング」。肌を傷めないこんにゃくスクラブが1日のメイクと毛穴汚れを優しく洗い流してくれます。乾燥肌は皮脂を落としすぎるとカピカピに肌がつっぱってしまいます。特にクレンジングと洗顔のダブル洗顔は要注意。リ・ダーマラボなら、1回できちんと洗顔ができるので安心です。さらに美容液成分がたっぷり配合されているので、攻めの保湿ケアをも強力にサポートしてくれます。乾燥肌ぎみになっている方に最適な洗顔料です。


2位:肌ナチュール リッチモイストクレンジング

肌ナチュールリッチモイストクレンジング
顔にのせると美容液に早変わり?!炭酸クレンジング洗顔
話題の炭酸成分を配合したダブル洗顔不要のクレンジング洗顔料「肌ナチュール リッチモイストクレンジング」。炭酸と天然由来の洗浄成分がメイクと余分な皮脂・汚れをするんとオフしてくれます。注目したいのは、肌に5秒のせると美容液に変化すること。最初はシュワっとした洗顔料だったのが保湿成分たっぷりのクリーミーな炭酸パックになるんです。これ1本でクレンジング・洗顔・炭酸パックまでこなしてくれるぜいたくな洗顔料です。


3位:APROS洗顔バーム

APROS洗顔バーム
なじませ、こすらない!新感覚クレンジング洗顔
メイクも毛穴汚れも1回ですっきり落とせるオールインワンクレンジング「APROS洗顔バーム」。オイルクレンジングとミルククレンジングのいいとこ取りでつっぱらずにしっかり汚れをオフできます。肌になじませると美容成分が溶け出してベールをつくり、泡立ちはあまりないのに肌を直接こすらないで洗うことができます。表皮が乱れがちな乾燥肌には嬉しいですね。


これで保湿アップ!潤い洗顔方法

保湿の洗顔方法
乾燥肌を始め、どんなスキンタイプの人でも洗顔方法に注意することがとても大切です。洗顔の仕方を変えるだけで、ずいぶん肌質が変わるのが実感できるはずです。乾燥肌と思っている人は、洗顔方法が間違っていたり、肌にあっていない洗顔料を選んでいる可能性があります。ここでは、乾燥肌の人を中心に、どのような洗顔方法が保湿ケアにつながるのか、また、乾燥肌にぴったりの洗顔料の選び方についてまとめてみました。

乾燥肌の保湿ケアにマストな洗顔方法

たっぷりの泡を作る

乾燥肌に特に大切なことは、洗う時の泡の質です。洗顔をする時のポイントは「もっちりとした泡」が作れるかどうかとなります。手で泡立てることができればいいですが、簡単に質のいい泡は手だけで作るのは難しいです。出来れば、泡立てネットを使ってモチモチしたキメ細かいフワフワ泡を作りましょう。

擦り過ぎに注意

乾燥肌は、洗顔時のこすりすぎに注意をして丁寧に洗い上げるようにしましょう。摩擦を加えると、肌表面の角質層にダメージを与えてしまう事になります。摩擦を与えるこすりすぎ洗顔を防ぐためには、お肌が指に触れないように優しく円を得くように洗い上げることが大切です。

Tゾーンから洗い、顎を優しく洗い流していき、最後に乾燥しがちな頬や目元を泡を乗せる程度に簡単に仕上げるようにするのが大切です。なるべく短時間でてきぱきと洗い上げると、こすり過ぎな洗顔を防ぐことができます。

夜のみの洗顔にする

洗顔は、夜のみ行うようにするのが大切です。朝、夜の2回の洗顔は、肌の必要な油分まで取り除いてしまう大きな要因になります。朝に洗顔剤や石鹸を使った洗顔をしてしまうと、夜に回復したNMFなどの湿因子を拭い去ってしまう事になります。

そうすると、紫外線や外気などのダメージを覆う日中の時間に肌は無防備な状態でさらされることになり、肌ダメージが増えて、より乾燥が進んでしまう原因になりかねないのです。乾燥気味で肌の皮脂が少ないと言う人は、朝はどんなに汚れが気になるとしてもぬるま湯で濯ぐ程度に抑えることが大切と言えます。

しっかりと洗い流す

乾燥が気になる肌の人は、石鹸で優しく洗うようにしますが、濯ぎは丁寧に、しっかりと行うように心がけてください。また、洗い流しに適温と言われるお湯の温度は33℃〜36℃です。

お肌に洗顔フォームが残ってしまうと肌トラブルの原因となります。乾燥肌を招くだけではなく、ニキビや肌あれ等を起こしてしまうので、ぬるま湯で、最低でも20回はすすぐように心がけていきましょう。

 
サイドビジネス 雑学事典